読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠閑自在

本屋さんで働きながら平成28年度1学期に8年かけて放送大学を卒業、29年度1学期に再入学!

昭和歌謡

昨日も書きましたが、夕方5時から1時間だけ支店に出勤です。

その1時間の仕事時間の他は休日なんですが、何でしょう、気持ちが休まらないんですね。

午前中にクラウドの仕事をやってたこともあるのか、仕事から帰って来てからようやく「休みだぁ~」な気分になりました。

夜は思い出のメロディーを、昭和歌謡好きはテレビにかじりついて見てました。

個人的に唸ったのは、渡辺マリ「東京ドドンパ娘」ですかね。

車でノリノリになりながら聞いてるので(^_^;)

一緒に見てた母親が「山田太郎がオッサンになってる・・・」とか

大津美子・・・・死んだんじゃなかったっけ?」などヒドイ発言連発で、この場をお借りしてお詫び申し上げますm(__)m

そもそも昭和歌謡を聞くきっかけは、昔劇団にいた頃に昭和30年台が舞台の芝居を上演することになりまして、飲み屋の場面があったんです。

そこで”ラジオから流れてくる歌謡曲”と台本にト書きがあったので、そこで聞きまくりました。

その時に、戦前の頃の歌で「もしも月給が上がったら」という歌を聞いて、何て脳天気なんだろう(笑)と思って、同じような路線としてクレイジー・キャッツとかも、日頃悩んでるのがバカバカしく思えるくらい意味不明な歌にハマりました。

それに、歌詞も直球ストレートだしメロディーもわかりやすくて数回聞いたらもう歌えるようなのがたくさんあって耳に残りやすいです。

それと、堺正章の「さらば恋人」って作詞が北山修さんなんですね。

知らなかった・・・。

北山修さん結構お好きなんです。

私の中では相当偉大な方なんですが知らない方のために、北山修さんは精神科医です・・・と混乱させる。←でも間違った事は言ってない

結構お好きと言っておきながら知らなかったと言う、このテキトーさはどうなのよ。

でも今日はいい歌をたくさん聞けて良かったです。

最後がサブちゃんの風雪ながれ旅だったんで、大晦日のような感じになりました。

よし!サブちゃん聞いたから初詣行くぞっ!みたいな。

紅白は途中で寝落ちるとか去年は見てなかったけど、思い出のメロディーはガッツリ見ますね。

紅白もこういう感じだったら、リモコンをマイク代わりに握りしめて楽しく見るよ♪

ところで3月にNHKホールに行けるのかどうかだよね。

行く権利は手にしたけど交通費が・・・・。

頑張って行けるようにしたいと思いつつ、本日はこれにて。