悠閑自在

本屋さんで働きながら8年かけて放送大学を卒業、29年度1学期に再入学しました!

心配なバイト・その2

何をやるのか全くわからないバイト・その2でした。

研修会でした。

午前中はプロジェクターを使いながらの活動報告や、何人か班に分かれて机を寄せ合っての意見交換など。

この意見交換の時って何もすることがないのです。

その時間が1時間ほど。

何か読み物を持ってくればよかった・・・と思ってしまいました。

午後は講演会です。

某大物アーティストのバックバンドでキーボードを弾いていて、現在はJazzピアニストをしておられるという方でした。

その某大物アーティストがガチで大物すぎて、経歴を聞いた時にドン引きました。

どういう繋がりでこんな田舎にやって来たのか不思議なほど。

ピアノを弾きながらの講演会で、弾かれる曲がかなりJazzで、私はアーティストは問わずJazzは性に合う人なので抵抗なく聴きましたが、聴く機会がない方にはどう聴こえたかな。

意味不明に鍵盤叩いてるようではあるけど、そこに弾き手の感性とか魂の叫び(?!)が込められてて、Jazzってすごく人間味が出ると思うのよ。

なんと言えばいいのかわからないけど、聴いててホッとしたり、勉強中に聴いてても全然邪魔にならない、自分の鼓動にしっくりくるという感じ。

終わってみたら、いいもの聴いた~というお得感で、無事に今日の仕事終了です。

どうなるのか心配だったバイト2件、終わってホッとしました。

ありがとうございました。

またのご指名をお待ちしております。

それでは本日はこれにて。

広告を非表示にする